• 大量のお歳暮を発注する場合

    お歳暮は、ふだんからお世話になっていることに対して、感謝の意を相手に伝えるためのものです。

    お歳暮にアクセスしてください。

    しかし、昔からのしきたりでもあるため、場合によっては、仕事上の得意先など、かなり多くの相手に対して、お歳暮を届ける必要がある場合もあり得ます。


    このような場合ですが、デパートにせよ、インターネットショップにせよ、できるだけ効率的に、かつ、予算を節約しながら、発注の手続きを進めるのが得策です。
    大量にお歳暮を発注する上での工夫として、いわゆる早割のような割引制度を使うという方法があります。
    あらかじめお歳暮を贈ることが決まっているのであれば、発送はともかくとして、早めに注文だけは済ませておくことで、定価よりも割引の価格になることがあります。
    同じ商品を購入する場合にも、店舗で見積もりをとれば割引をしてくれることがあります。



    また、インターネットショップからの注文の場合には、ひとつずつ相手となる送付先の住所や氏名を入力するのはわずらわしいものです。


    この場合も、インターネットショップによっては、パソコンの表計算ソフトで作ったリストをそのまま添付しておけば、店舗側でその中身を確認して、発送までしてくれるところもあります。



    大量発注の場合は、このように、それにふさわしい方法がありますので、試してみることがすすめられます。
    なお、たとえばのし紙への名前の印刷など、大量発注なだけに、間違いがあった場合には取り返しがつかなくなることもあり得ますので、事前準備の際の注意は怠らないようにすることが大切です。