• 取引先の方にお歳暮を贈るなら

    年の暮れにお世話になった方にお礼の意味で品物を贈ることをお歳暮と言います。

    お歳暮の情報について、かしこい情報の見分け方や利用方法を解説します。

    直接相手方に持って行くのであれば、12月に入ってから年末までが適当な時期ですが、デパートやスーパー、ギフト用品を扱うサービス店舗では、相手の家に宅配をするサービスがあり、事前に手配しておくと12月1日〜3日くらいにかけて送付してもらえます。
    お歳暮を取引先の会社に持って行くのであれば、どの企業も年末ぎりぎりだと年度末の事務処理で忙しいことが予想されますので、12月中旬までには渡せるようにしておくのがお勧めです。

    取引先にお歳暮を用意する場合、無難で消費されやすい品物から選ぶようにします。


    部署や社員で分けられるように日持ちのする食べ物を選んでもいいでしょう。
    気軽に家に持ち帰られたり、手の空いた時に食べられたりするように、個包装されているクッキー等の洋風の焼き菓子や、あられや小さめの煎餅などもお勧めです。



    社員が多い場合は、日持ちのする飲み物なども好まれます。


    インスタントコーヒーのセットなら、好みの時に簡単に用意できますし、1回ずつ入れられる紅茶や緑茶のティーパックのセットも使いやすいでしょう。


    取引先でも重要な役職に就いた個人に渡すのであれば、ある程度高級な品物をお歳暮として贈る必要があります。
    相手の好みが分かれば、それに合わせた品物でも喜ばれますが、趣味があるので難しい場合があります。



    食品や飲み物から選ぶのであれば、有名な店舗やブランドの物から選ぶといいでしょう。